脊椎動物の店について学業をしていました

鳥類などについて実習しました。鳥類は息は肺息で、体温は恒温(周囲の気温が変化しても体温を一定に保つ)だ。心臓は、2心房2心室だ。うまれ皆さんは、卵生(陸上に殻の残る卵をうむ)だ。次は、ハ虫タイプだ。息は肺息で、体温は場違い温(周囲の気温によって体温が変化する)だ。心臓は、2心房1心室(欠陥な2心室)だ。うまれ皆さんは、卵生(陸上に殻のいらっしゃる卵をうむ)だ。次は、両生類だ。息は成体は肺と皮膚で幼生は、えら息だ。体温は場違い温(周囲の気温によって体温が変化する)だ。心臓は、2心房(幼生は1心房)1心室だ。うまれ皆さんは、卵生(海中に殻の弱い卵をうむ)だ。次は、魚類だ。息はえら息で、体温は場違い温(周囲の気温によって体温が変化する)だ。心臓は、1心房1心室だ。うまれ皆さんは卵生(海中に殻の薄い卵をうむ)だ。変温動物は、周囲の気温が下りると体温も下がり、集中がにぶくなります。勉強して良かったです。

安定感の気温が続くとほっとしますね・10℃前後くらいならば

12月になると毎年本格的な寒さを感じる、今年も最低気温が2℃や0℃という時期になって、冬グッズや衣類で暖まります。
こういう冬の気温で最初はけっこう寒いなと感じますね、気温としては11月初旬のころはまだ暖かいほうですけれど。

夏から秋をすごし身体が20℃前後の気温に慣れている時期でもあり、季節風でギュゥ〜と低くなると、最初の時期なのにヒーターが必須だったりします。
この状態から12月の頃になると、連日の低い気温に免疫力とか抵抗力が付いて、ダウンベストなどを着て短い時間ならヒーターをオフでもすごせますね。

起床して着替えてごはんの用意とか食事の時間は使いますが、掃除とか洗濯物を部屋干しする時なら動いているのでオフにします。
靴下の重ね履きもしますが室温が10℃前後なら省エネの節電、ヒーターは暖かいけれど1月と2月を考えれば長い冬ですからね。

ちょっと寒くてもこれくらいで経過するといいな、冬の安定感という気温にほっとします。