「初釜」には長い歴史を包んだ花びら餅を食べよう

早くも1月の2週目に入ってしまいました。このくらいの時期になるとお正月の特別な気分も抜けてきます。しかし、茶道では1月10日前後に年始めの茶事「初釜」が行われ、花びら餅という特別なお菓子が振る舞われます。茶道の世界ではまだまだお正月が続いているのです。この花びら餅は甘く煮たゴボウと白味噌を餅生地で包んだ和菓子で、ほんのりとピンク色に染まった餡が年始めの華やかな雰囲気にぴったりです。花びら餅の由来は平安時代の宮中行事「歯固めの儀式」にあるとされ、長寿を願って塩漬けした鮎に餅を巻いて食べた風習が今に伝わったものだと言われています。明治時代には花びら餅がお菓子になり、鮎に見立てたゴボウを白味噌と一緒に餅でくるむことが一般的になっていたとも言われます。ちなみに、この花びら餅は京都を中心としていた文化であり、なかなか全国には広まらなかったのですが、「初釜」の茶事が広まることで全国に普及していきました。長い歴史を包んだ花びら餅とお茶を嗜み、今年1年が良い年であるようにと思いを馳せるのもいいかもしれません。脱毛ラボ 24